ダイニングテーブルの選び方・お手入れ メンテナンス方法

ダイニングテーブルの選び方1

ダイニングテーブルは、2人用ではなく、4人用を選んだほうが、何かと使い勝手がものです。
リビングダイニングの広さは限られていますから、食事以外にもさまざまなことに使うようであれば、大きめサイズのテーブルを選んだ方がいいと思います。食事以外にはそれほど使わない、という場合には、エクステンションテーブルがおすすめ!!
また、 ダイニングテーブル'を食事の場所として使うときには、その家の家族構成にあわせた大きさのものが選ばれることが多いのです。しかし、ダイニングテーブルの大きさは、インテリアとしての役割や家の中の雰囲気にも深く関わってきます。小さすぎるものは、部屋の中を貧相なイメージに見せてしまうこともありますが、部屋の中を広く見せる視覚効果を狙いたい場合には、あまり大きなものは避けて選ぶのがおすすめです。



ダイニングテーブルの選び方2

サイズは家族の人数に合わせて決めます。

ゆったり食事ができる1人分の最低必要幅は 60cm、4人家族なら 120cm、6人家族なら 180cm以上 必要です。
アームチェアを使う場合は、もう少し余裕を持たせてください。

丸テーブルの場合は、4人家族なら 直径100cm、 6人家族なら 直径130cm以上 必要。) ダイニングテーブルは、食事、子どもの勉強、家事スペース、家族の団らん、友達を招いてパーティー、など多目的に使われます。スペースの許す限り大きいものを選びましょう。

まわりのスペース椅子を引いて立ち上がるためには70cm以上、座っている後ろを人が通るためには120cm以上 のスペースが必要です。


形 :丸テーブル や だ円形のテーブル は、圧迫感がなくやわらかい雰囲気を演出できます。
会話も自然と広がるでしょう。ただ、丸テーブルは、幅、奥行きとも同じサイズであるため、 細長いスペースには向きません。四角でも丸でも、脚が4本ではなく2本(丸の場合は1本)のものは、椅子をあまり引かなくても出入りできるため、まわりのスペースが狭くてもすみます。スペースに余裕のない場合は検討してみてください。




ダイニングテーブルのお手入れ法3


天然木の製品は自然素材ですので、家具を設置してから10週間程度の期間で、表面が熟成して色が変化していきます。これは、太陽光による影響です。木製家具の表面は、塗料によりコーティング加工を施しています。表面をコーティングすることにより、傷防止の役割、水分の浸入による「木の反り・割れ・ひねり」などの変形や汚れを防ぐ役割を果たします。この加工によって、木製家具を長くお使いいただけるようになります。マニキュアと同じ効果です。

定期的にネジなどの締めなおし、清潔で湿った、柔らかい布で拭いたりして下さい。
木製家具は湿気に弱いので、濡れた場合はすぐに拭き取ります。汚れた場合には、少量の中性洗剤をぬるま湯で薄めたものをかたく絞った雑巾で拭いてください。拭き終わったらきれいな雑巾で表面の洗剤分をきれいに拭き取ってください。




リビング,ダイニング,テーブル,選び方,セット,無垢,家具,家具,丸,ガラス,激安,円形,ウォールナット,伸張,伸長,通販,伸縮,北欧,手入れ,メンテナンス,掃除,方法,





デザイナーズ家具コレクショントップページ